スポーツ

スポーツ障害全般に関する情報を提供しています。
今、こんな痛みや症状に悩んでいる…、怪我を少なくするために何をしようか……、スポーツに適した体のためにどんな食事が良いのだろう、等の疑問について解説しています。

怪我はしたくない……でも、スポーツに怪我はつきものです

スポーツをすることは健康にもつながります。
しかし、時にスポーツ障害と呼ばれる障害や疾患に見舞われることがあります。
すべてのスポーツにこの障害の危険性は潜んでおり。予防と適切な処置の知識は欠かせません。

医学的にスポーツ障害を【使いすぎ症候群(オーバーユース)】 と言い、アマチュアでもプロでもそのスポーツに熱心に取り組めば体を酷使するトレーニングが不可欠であり、その分、体を痛める危険性も高まるジレンマもあるでしょう。

選手生命の危機も招く怖い障害

肉離れやアキレス腱断裂。
陸上競技などの中継を観ていると耳にすることがあります。
見事に肉離れを克服して復活したフィギュアスケート選手もいましたが、きっと、リハビリや精神的な不安も計り知れないものがあったと想像できます。
怪我により選手生活を断念した人も多いことでしょう。

回避したい、スポーツ障害や怪我

プロ・アマを問わず悩まされるスポーツ障害や怪我ですが、適切な対処で回避することは可能であるといいます。

まず、基本中の基本、準備体操。
当たり前、なのです。
ですが特にアマチュアであれば疎かにしてしまう事もあるのでは?

例えば、バレエダンサーは体を温めるバーレッスンを数十分かけて行ってからでなければ踊りのレッスンには入りません。
キャリアのあるダンサーなら尚更のこと、バーレッスンを大切にします。
体も十分しなやかなダンサーでさえ、これを怠ると怪我のもとなのです。

そして、もうひとつ大切な事が、練習終了後のクールダウン。
運動によって溜まった各部の疲労を軽減し、そうした疲労や負担から引き起こされる怪我やスポーツ障害を予防するために欠かせません。

スポーツを楽しむ為に自分の体と上手に向き合い、時には体を休めることもお忘れなく。

「スポーツ障害」参考サイトの紹介

スポーツ障害

http://sportsdisorders.net/

スポーツに取り組む人にとって怪我などのスポーツ障害はつきものです。各症状が起こる原因を例にあげているのでしっかりとした準備運動の大切さや予防法などを認識できるサイトです。

”スポーツ障害”を紹介した記事

  • スロートレーニングって知っていますか?
    http://sportsdisorders.net/01keganaku/05slowtraining.html
    運動能力を高めるため、筋力トレーニングは欠かせないものです。しかし、筋トレも一種の運動。やり過ぎはスポーツ障害の原因になりかねません。スポーツ障害を引き起こしにくい方法としてスロートレーニングを紹介しています。
  • テーピングで怪我防止
    http://sportsdisorders.net/01keganaku/04taping.html
    スポーツ全般において重要な役割を果たす医療技術とされるのがテーピング技術。怪我の防止、捻挫などの障害による負担を抑えるテーピングの重要性や応急処置について紹介しています。
  • スポーツ障害に多い障害・疾患
    http://sportsdisorders.net/02shogai/
    脱臼、椎間板ヘルニア、半月板損傷などスポーツの種類や内容によって起こりうる障害は異なります。代表的なスポーツ障害や疾患についての原因や対処法などを紹介しているサイトです。