子供の筋力トレーニング

幼少期のトレーニングについて“子供に筋トレをさせると、成長を止めるので良くない”だとか“肉体だけじゃなく精神面も鍛えることが出来るから小さい頃からやらせた方が良い”とか聞く事がありますよね。
本当はどっちなのか疑問を持った方も少なくないはずです。
子供の筋トレについて紹介していきます。

子供の筋力トレーニング

小学生や中学生といった子供にトレーニングをさせるのならば、気をつけなければいけないポイントや、やってはいけない事があると言われています。説明していきましょう。

子供に筋トレをさせると成長を阻害する?

よく言われている“成長を邪魔する”という説について。これは、筋肉が太くなる(筋力がつく)につれて骨を抑えつける力が加わり、骨の成長を妨げるので成長を邪魔するのではないか、という説です。

ある研究データによると、骨が成長しようとする力は、筋肉が抑えつける力より遥かに強いという結果が出ています。ですが、依然として成長期に過度の負担やストレスを与える事は成長を害するという意見もあります。

とはいえ、適度な運動やトレーニングは成長ホルモンの分泌を促す効果がある事もわかっています。成長ホルモンは筋肉はもちろん、身体を構成するのに必要ですので、適度な運動は成長を促進させる事が出来るようです。

故障の元になるのか

同じく成長期に無理な運動やトレーニングをすると、ケガや故障の元になるのではないかという説です。

人間の成長段階として、15,6歳の年齢になるまでは第1次成長と第2次成長が終わっていないので、筋肉や骨格の形成が安定していません。
この成長中の不安定な時期に無理な筋トレや運動をしてしまうと、肩や肘、ひざや腰などへの負荷がかかってケガの元になるようです。

「運動をしたあとにしっかり筋肉をほぐしておかないからトラブルが起きる」という見解もあるので、もし筋トレをさせるのであれば、成長の阻害を防いだり障害を避ける意味も含めてストレッチやクールダウンをしっかりさせるようにしましょう。

精神とトレーニング

毎日きついトレーニングをこなせば、根性が付く……と言われる事もありますが、それは逆に“耐える”という事です。耐えなければいけない程の負荷の高いトレーニングをしているという事では、身体にも負担がかかっているので止めましょう。

やりすぎは禁物

どうしても子供に筋トレをさせるのなら、あくまで軽くさせた方が無難でしょう。身体が成長中であり、不安定な状態では強い負荷をかけると危険が高くオススメ出来ません。

成長をさせたいのであれば、しっかりと食べさせて栄養補給をさせて、たっぷり睡眠を取らせたり、成長ホルモンの分泌を促すという目的の為に軽く運動させた方が健康上良いでしょう。

総じて言えば、子供の時期における筋トレの良し悪しはあまりわかっていません。ですから、確かな根拠に基づいてはいませんが「成長を妨げるおそれはあるかもしれない」という事になります。
詳細は未解明なだけに、未だに間違った方法がまかり通っている事もありますが、やりすぎは禁物。適度に行う事を心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加