肉離れ

負荷の高い筋肉トレーニングやスポーツ中のトラブルに起こりがちな肉離れ。
その肉離れの起こる仕組みや症状、原因などについて紹介します。

肉離れとは?

肉離れとは、筋繊維が一部裂けたり傷ついてしまった状態の事を指します。
ほとんどは下半身で起こり、ふとももやふくらはぎ辺りを中心に発生する事が多い。

肉離れが起きるとどうなる?

「ブチッ」という感触や筋肉に何らかの衝撃を感じた後、激しい痛みが生じる事が多い。

主にスポーツの最中に起こり、痛みでそのままトレーニングやプレイを続ける事はできないでしょう。

肉離れの症状

その部位を動かすと激しい痛みが走ります。皮下出血も伴っている場合があり、触れるだけでも痛みを感じる事もあるようです。

筋肉痛と症状が似ていて、大きく分けるとどちらも同じ分類ですが、筋肉痛は後から痛みが発生する点や肉離れの方がより症状が重症とされるという点で区別されています。

肉離れが起こる原因

急激な負荷

とっさに筋肉に大きな負荷がかかった場合や、短距離走や走り回る事が多いスポーツなど瞬発力を要する運動をした場合に起こる場合が多い。

筋力の不足

目的の運動に対する自己の筋力が不足している場合にも起こる事があります。
ベンチプレスで自分には重過ぎる程の重さを無理に上げようとしたり、筋肉が耐え切れないほどの距離を走ったりすると筋肉の持つ力を負荷が超え、肉離れに繋がります。

筋力のバランス不足

局所的に筋肉を鍛えていたり、負荷がかかる場所の筋肉と連携する筋肉の筋力のバランスが悪いと起こる事があります。
この事からも言えるように、筋トレを行う際は周りの筋肉とのバランスも考慮した方が良いでしょう。

筋肉の疲労状態

連日に及ぶトレーニングやスポーツで筋肉への疲労が蓄積されたまま、更に負荷を与えてしまうと起こる事があります。
筋肉が疲労状態の場合、普段より弱っていますので軽めの負荷だと思っていても起こる可能性があるので、疲労を感じた場合は筋肉を休ませてあげるようにすると良いでしょう。

ウォーミングアップ不足

スポーツなどの運動を行う際にウォーミングアップを怠ると、筋肉が慣らされていない為に動きづらい状態のまま負荷がかかり、筋肉が耐えられず肉離れの原因となることもあります。

気温の変化

特に冬場の寒い時期に言える事ですが、脚や腕が冷えたままだと筋肉の動きも悪くなり、そのまま運動してしまうと筋肉が上手く伸び縮みすることが出来ずに断裂してしまい、肉離れを引き起こしてしまうことがあります。

肉離れの治療・リハビリ

肉離れを起こしてから2,3日は炎症を起こしている状態なので、冷湿布やアイスパックなどで患部を冷やした方が良いでしょう。

痛みが消える7日後くらいから軽めの、痛みを感じない程度のストレッチをして、14,15日を過ぎた辺りからウォーキングやジョギングを行うと、より治療が促進されるでしょう。

また、専門の方の指導で薬を服用したり様々な器具を使うリハビリ方法もあります。決して自己流などでは治療を試みない事を勧めます。

RICE処置について

肉離れにはRICE処置というものがあり、肉離れを起こしてすぐ始めると良いとされている処置方法があります。

RICEとは処置の頭文字(Rest、Icing、Compression、Elevation)から名前が付けられていて、「安静、冷却、圧迫、拳上」という意味です。

肉離れ直後は患部を動かさないようにテーピング等で固定し、炎症状態になっているために冷却をします。更に圧迫をして切れてしまった筋繊維を離さないようにしながら、拳上をして血流を促進させて腫れなどをひかせます。

このRICE処置を発症〜炎症状態が治まるまで続けると、治るまでの日数やその後の症状が軽減されると言われています。

肉離れの再発

肉離れは脱臼や捻挫のように“クセになりやすい”という性質を持っています。完治まで4週間程度かかるのですが、3週間前後から普通に動かせるようになる事があります。
このときにもう治ったと誤認して負荷をかけてしまうと、また簡単に肉離れを起こしてしまいます。

軽い程度の肉離れだったとしても、再発の可能性は変わらないので、肉離れの程度に関わらず完治するまでしっかりと治療に専念した方が良いでしょう。

肉離れの予防

日常的に出来る事としては、普段から乗り物で移動せずに歩くことを意識したり、何日かに1度はジョギングをするようにしたり、マッサージやストレッチを行ったりと、筋肉をほぐす意味も含めて運動しておくと予防できるでしょう。

スポーツや運動の前後に出来る事はウォーミング・クールダウンを入念に行うようにすると良いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加