ピラティス・バランスボール

女性に人気が出ているピラティスやバランスボール。名前だけは聞いたことがあったり、やってみたいと興味を持っている方も多いでしょう。
身体のバランスを整えたり、部分的にシェイプアップさせる効果があると言われていますが、具体的にどういうものなのか、筋トレやダイエットとの関係も説明していきます。

ピラティスとは?

ピラティスとは、元々は戦争で傷ついた兵隊さん達のリハビリのためにジョセフ・H・ピラティス氏に考案されたものでした。

リハビリの為ですから身体の他の部分に余分な負荷を与えず、重点となる体のポイントをエクササイズすることで姿勢や骨盤を正しく整える効果を得ることができるトレーニングです。

ピラティスの効果

不規則な生活スタイルや乱れた食生活などで筋肉や骨格が変形し、さらに姿勢の悪さや骨盤のゆがみから肩こりや頭痛を起こしてしまう場合もあります。

そのゆがんだ骨盤や崩れてしまった体のバランスを、本来のあるべき姿(あるべき位置)に元通りにさせる効果があります。

また、無駄についてしまった脂肪や内臓器官の働きを活性化される効果もあるので、ダイエットだけではなく健康面からもとても良い効果が認められています。

「コア」とは?

ピラティスでは「コア」をとても重要視しています。そのコアとは、頭部からお尻にかけての背骨のラインの特に腰辺りの骨盤付近を指しています。

このコアをイメージして“あるべき姿”に戻してあげることで身体の様々な部分が改善されると言われています。

インナーマッスルとピラティス

ピラティスにはインナーマッスルを鍛える効果もあります。筋トレなどの激しい運動ではなく、ゆったりとした動きで身体の内側の小さく、細い筋肉を刺激することによってしなやかな身体に近づく効果があります。

ここで注意したいのは負荷をかけすぎない、ということです。中にはたくさん力を入れるとより鍛えられるとか、きつい運動によってダイエット効果になるとか考える方もいるようですが、

あまり大きな負荷をかけてしまうと逆にアウターマッスル(白筋・速筋)が鍛えられてしまうので、本来の意味をなさなくなってしまう可能性があるので止めましょう。

ヨガとの違い

ヨガもピラティスも同じようなもの、と思っていませんか?実は似たような分類にされることが多いヨガとピラティスですが、結構違いがあります。 まず、違うのが呼吸方法です。

ヨガでは腹式呼吸(鼻から吸って、口から息を吐く)が用いられるのですが、ピラティスでは胸式呼吸(鼻から吸って、また鼻から息を吐く)が用いられます。

次に違うのが基本となる動き方です。ヨガは、ある決まったポーズを模倣して静止する事が多いのですが、ピラティスの場合は常に動いているのが基本とされています。

もう一つ違う点が、ヨガは精神面も重視していますが、ピラティスは肉体面を重視しているという点です。ヨガで行われる“瞑想”などは特に精神的な面も重要視しているからで、ピラティスに比べるとよりスピリチュアルな面も持ち合わせています。ピラティスに“瞑想”が無いのはこういった理由からなのです。

バランスボールとピラティス

ピラティスを行う際に、バランスボールなどの道具を用いるとより効率よく効果を得ることが出来ます。このバランスボールというのは、原料にビニル樹脂が用いられており、人間の体重程度なら十分に支えられる耐久力や弾力性を持っています。バランスボールのみではバランス感覚を養うためのエクササイズやトレーニングに使われています。

この他にも、バランスボールの小型版のような“ソフトギムニク”というものやチューブを使ってピラティスを行う場合もあるようです。

ただピラティスを行うだけでなく、このような道具を積極的に用いる事で、より効率よく効果を得ることが出来るでしょう。

インナーマッスルの鍛えるについて、さらに詳しく読みたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加