プロテイン

より強く、効率よく筋トレを進めるには避けて通れないプロテインという存在は、誰しも聞いたことがあるはずです。 ところが案外間違った使い方をしていたり、効果の少ないタイミングで飲んでいたりする方もいるようです。 ただ飲めば良いというものではないので、プロテインの種類や正しい使い方、摂取すると良いタイミングなどを紹介しましょう。

プロテインとは?

まず“飲んだらムキムキになれるもの”とか“簡単に筋肉を増強できるもの”と思っている方がいるようですが、間違いです。

あくまで補助をする食品扱いであり、“効率よく目的の栄養を摂ろう”という事で作られているので、そんな事はありません。足りない(もしくは欲しい)栄養を調節する食品ですので、勘違いしないようにしましょう。

基本的な飲み方

基本的に最もポピュラーであるのが粉末タイプです。その粉末プロテインを混ぜて飲むのですが、やはり牛乳と混ぜて飲むのが良いでしょう。

水だけで飲んでしまう方もいますが、栄養面から考えても牛乳と混ぜるのがベストです。

次に、混ぜる時にはシェイカーがオススメです。混ぜやすく、しっかり溶かすことができます。

適切なプロテインを

プロテインといってもピンからキリまであります。たんぱく質や脂質、目的とする栄養の含有量、そして鍛えたい部位やスポーツのジャンルによっても違ってきますので、いくら安くても含まれている内容をちゃんと見てから購入した方が良いでしょう。

プロテインの種類

主にたんぱく質の摂取を目的としていますが、その中でもちょっとずつ種類の違いがあります。

ホエイプロテイン

原料に牛乳が使われているプロテインです。乳性のたんぱく質を摂る事ができ、摂取してからの消化吸収が早く“すぐ身になる”という点も特徴ですが、それ故にあまりに摂りすぎると脂肪分として身体に蓄えられてしまうおそれもあるので、摂取量に注意。

使い方としては、消化〜吸収が早いので筋トレの直前や直後に飲むのが望ましいでしょう。 “プロテイン”と称される種類の中で最も一般的で人気のあるプロテインです。

カゼインプロテイン

ホエイプロテインと同じく牛乳を原料としていますが、乳性たんぱく質の中でもホエイプロテインを除いたカゼインプロテインが主に含まれています。ホエイプロテインと比べると効果持続時間が長く、ゆったりと身体に吸収されていきます。

ですから飲むタイミングは筋トレ直前後ではなく日常的、もしくは筋トレの数時間前後でも良いでしょう。

ホエイプロテインとカゼインプロテインを時間差で併用する方もいますが、牛乳+ホエイプロテインで補えるために需要が減り気味なのが現状でしょう。

ソイプロテイン

原料に大豆が使われているプロテイン。大豆たんぱく質が含まれていて、カゼインプロテインのように消化・吸収スピードが穏やかなので、使い方は同様に日常の栄養補給や筋力トレーニング数時間前後で良いでしょう。

大豆に含まれているイソフラボンや基礎的な代謝を高める効果があり、ダイエット目的や女性に人気が高いプロテインです。

イソフラボンの効果

イソフラボンとは、女性ホルモン(特にエストロゲン)と同質の働きを持つことで注目されている栄養素。大豆に含まれており、“大豆イソフラボン”と言われる事もあります。

乳がんの防止や更年期障害の抑止、骨粗しょう症を防ぐなどの様々なメリットがあり、更には美容効果やバストアップ効果があり特に女性に好まれています。

これといった副作用も認められていないので、摂取して損は無い栄養のひとつです。

エッグプロテイン

EGG=卵から作られているプロテイン。ただし、黄身が使われていなく卵白の部分を使用しています。卵の白身にはアミノ酸がたくさん含まれており、他プロテインと負けず劣らずの効果を持っています。

消化吸収速度は他と比べると中間程度の普通ラインなので、使うタイミングは筋トレの1時間前後が良いでしょう。

脂肪分をあまり含んでいなく、十分な効果を発揮できるのでダイエット中の方にも適しているのですが、あまり市場で見かけないプロテインです。

体の内部から変えるについて、さらに詳しく読みたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加