有酸素運動

「有酸素運動」という言葉を耳にした事はあると思いますが、具体的にどのような効果があるか、なにに効き目があるのかご存知でしょうか。
ダイエットや健康面でも注目されている有酸素運動について解説しましょう。

有酸素運動とは?

短時間で大きなエネルギーを消費させる運動には、筋肉からエネルギー(主に糖質)が使われます。ですから、筋力トレーニングや陸上の短距離走などには酸素が使われません。これを無酸素運動と言います。

それとは反対に軽めの負荷がかかり続ける運動(マラソンやスイミング、ウォーキングなど)には、筋肉からのエネルギーでは短時間しか持たないので代わりに酸素が使われます。 この酸素を使って全身を刺激する運動が“有酸素運動”と言われています。

なぜダイエットに良いと言われるの?

有酸素運動は酸素だけを使っているのではなく、体内に取り入れられた酸素が「脂肪」とくっついて燃焼させている事でエネルギーになっているのです。

このときにまず、まだ体脂肪として蓄積されていない「血中脂肪」という血液で漂っている脂肪から燃焼され、身体にたまった体脂肪はその次に燃焼されてゆきます。 ですから、ゆっくり酸素を取り入れて体脂肪を燃焼させる、ダイエットにとても有効な運動なのです。

体脂肪が使われ始めるタイミング

有酸素運動を始めてもすぐには体脂肪が使われ始めません。運動を始めてからだいたい20分前後してから体脂肪の燃焼が始まると言われています。

その時間までは血中脂肪を消費しているので、これだけでも血液の質を良くするのには有効ですが、体脂肪が減るわけではありません。

ダイエットやシェイプアップを目的とするなら、20分以上の有酸素運動を心がけましょう。

ダイエット効果以外にも

有酸素運動には体脂肪を燃焼してスリムアップする効果以外にも、心臓や肺といった呼吸器・循環器の機能を向上させるという効果や、全身の代謝を良くするなどといった様々な効果があり、ダイエットだけではなく健康面からも良いとされている理由になっています。

脂肪を上手く燃焼させるポイント

痩せる・脂肪を減らすという目標であれば、どれだけきつい運動をこなすかがポイントではありません。どれだけ負荷の高い運動をするのかではなく、どれだけ長い時間軽い運動を続けるかにかかっています。

ですが、急に張り切って激しい運動をすると、心筋梗塞などの循環器系のトラブルに見舞われる事があるので無理は禁物です。

無理なく続けられる範囲の運動量を決めて継続すると良いでしょう。

基礎代謝について

基礎代謝というものを知っていますか?(→基礎代謝について)これは私たちが生活している中で、常に使われているエネルギーを指します。

要するに、生命を維持するために1日で最低限使われているエネルギーの事です。これを高めることによって、黙っていても放出されていくエネルギーが高くなり、痩せる為の“敷居”が低くなるのです。

基礎代謝には年齢や性別、生活スタイルや温度、健康状態といった様々な影響が関係しているのですが、この基礎代謝を高くするには筋肉をつけることが良いとされています。有酸素運動と筋力トレーニングを上手く平行する事が痩せる近道と言えるでしょう。

筋トレの基礎知識について、さらに詳しく読みたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加